コッツウォルズ 8/28

28日はコッツウォルズに行きました。

(ウィキペディアより)
コッツウォルズは古い歴史を持ち、羊毛の交易で栄えていた。 現在でも、古いイングランドの面影を残した建物を見ることができる。 20世紀にはいり、その景観を活かした観光業が盛んになっており、毎年多くの観光客が訪れている。黄色みを帯び「蜂蜜色の石」「ライムストーン」とも称される石灰岩「コッツウォルズストーン」を使った建物群が特徴的な景観をなしている。

ホテルのデスクでツアーがあるか聞いたところ、いくつかの地方の名所を詰め込んだツアーならあると言われてパンフをどっさりくれました^^;
結局自力で行くことに。

途中駅のオックスフォードで半日ツアーがあるとガイドブックにあったので、そこを目指して行ったんですが「ありません」と。
ダンナはブーブー言い出すし(汗)、何とか辿り着かねば!と駅のインフォメーションやら観光窓口に聞きまくり(大汗)。
目的の駅(モートン・イン・マーシュ)からバスで村へ----。


出発のパディントン駅(左)と目的地のモートン・イン・マーシュ無人駅(右)

画像



駅からさらにバス。
しかしバスはお昼過ぎから2時間くらいないと現地で判明Σ(゚Д゚;)

ところが運良くちょうどバスが来て、運転手のおじいさんに聞いたらオススメの村を教えてくれて、「このバスはそこに行くよ」と。
おおっ、行きあたりばったりにしちゃーラッキー!!


バスの運ちゃんオススメのボートン・オン・ザ・ウォーター

画像



上はたまたま人がいない場所を写しましたが、ご覧の通り観光客でごった返してますよ~。
ツアーが満員なワケですね。

画像



建物が蜂蜜色なのが特徴です。どこも美しくてうっとり・・・。この時点でダンナもご機嫌(笑)。

画像


画像


画像


画像



乗るときにバスの運ちゃんが帰りのバス3本の時刻をメモして手渡してくれたので( ;∀;) 助かりました!
バスが来てお金を払おうとしたら、「アンタ乗る時に往復料金払ってるよ」と言われビックリ!!

チケットもないぞ~。そんなテキトーでいいのか?(;´∀`)
まあとにかく十分楽しめた小旅行でしたよ!この日も15000歩きました

"コッツウォルズ 8/28" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント