8beat-Diary

アクセスカウンタ

★8ビートギャグ通販サイトを作りました!
http://www.8beatgag.com/
是非ご覧くださいね♪


zoom RSS ジェネレーションギャップ

<<   作成日時 : 2009/03/20 23:25   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 15

昨日久しぶりに娘を連れて原宿に行ったんですが、歩き過ぎてクタクタで更新出来ませんでした。。。

受験でしばらく行ってなかったので1年半ぶりですよ!しかし原宿は相変わらずいろんな人がいますね〜。でも今更どんな人見てもあんまり驚きませんけどね(笑)。
20代の頃よく行ったもんですが、中でも印象に残ってるのが沢山のJAPANファンの友人たちと会った時にジョン・テイラー&サイモン・ルボンに遭遇したことかな〜。もっともすぐに大勢の人に囲まれて脱兎のごとく走り去ってしまいましたけどね。

いや〜〜、娘と一緒じゃないと入れない店をいろいろ見れて楽しかったですよ〜

画像

画像は竹下通りの出口の信号のところ。受験勉強から開放された娘が撮ったのはこんな横断幕。”原宿と明○義塾、寄り道していいのはどっちのジュク?”と書いてあります(笑)。


さて、ちょっと前に私が通ってる英会話の先生(20代後半・アメリカ人)にHANOIのライヴに行ったときのことを話そうとして、「多分知らないと思うけど、フィンランドのHANOI ROCKSというバンド・・・」と言ったところで、どんなタイプの音楽?と聞かれ、「パンクの影響を受けてるけど、ストーンズやエアロに近いかも」と説明したら、驚きの一言が!

「ストーンズって知らないんだよね」
・・・ええっ!!??思わず酸欠の金魚のようになってしまいましたよ!

「ストーンズもエアロも名前は知ってるけど聴いたことないよ。あ、ビートルズもね。ジョン・レノンてバンドのリーダーだった?曲は知らないな〜」そ、そんな〜〜、アメリカ人じゃ〜〜ん!(笑)

それって平尾昌晃って人物は知ってるけどロカビリーの曲はよく知らないってのと一緒なの!?(笑)
久々に軽くカルチャーショックを食らいましたよ〜。はぁ〜〜。

ま、そんなことにもめげずWe ROCK City!のHANOIのコーナーの制作してま〜す♪

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
坂本龍一『Zero Landmine』
■英作文の問題。「私たちの世界には国境もなく民族もない」これを英語に訳せ。日本人の答え。「There are neither borders nor nations in our world」。美しい英語による答え。「Our world knows no borders and it serves no nations」。 デヴィッド・シルヴィアン氏の歌詞の美しさよ。別に地雷をなくそうなどと思わな... ...続きを見る
愛と苦悩の日記
2010/01/22 00:27

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(15件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして!いきなりですが分かります、分かりますよそのギャップ感。
若い英国人に「うちの親がたまにデュランデュランとか聞いてるけど自分はそういうのよく知らない」とアッサリ言われましたよー。
うちの親が…て!
埋めきれない深ーいジェネレーションギャップの存在に気づかされたひと言でしたっ……
ミカ
2009/03/21 09:04
子供のお付き添い(笑)じゃないと入れない世界って、ありますね。
お嬢さんも久し振りの原宿を楽しまれた事でしょう。

ストーンズかぁ・・ウチの子も聴きませんね。
彼等に限らず後輩ミュージシャンは色々と影響を受けているというのに・・温故知新も必要ですよね。
HANOIのコーナー楽しみにしてます ! !
パルメット
2009/03/21 12:54
志摩せんせいこんにちは。気にしなくても大丈夫です。
ここ数年来の、日本におけるこの手の職種には、日本のアニメなどサブカルチャー好きな方がたが少なくありません。
「ドラゴンボール」のOP・ED曲を一字一句違えずに歌えるとか、NEWS(あのジャニーズの)の追っかけのために週末ごとに日本中駆け回っているとか,そんな同僚もいましたもの(私、実は以前某学校に勤務しておりました)。
あのポリスのコープランドさんのお嬢さんが「セーラームーン大好き、日本人になりたい」とお父さんに言うそうです。
ましてや日本での長期滞在を望むような欧米人は、全ての人ではないでしょうが大好きな日本のアニメやタレントで頭が一杯で、他のことを受け付けるような余裕がないんでしょう・・・というのが私の見方でーす。
kotoha
2009/03/21 15:19
実を言うと・・・・自分もこの8ビートGAG(洋版)を知るまでJAPANやハノイを知りませんでした。

デビシルさん、今と雰囲気違いすぎ・・・・。

日本のバンドでハノイに影響を受けているのって、ZIGGYとValentine D.C.とD'ERLANGERくらいですよね?


そう言えば、シマ先生が音楽を好きになったキッカケは何ですか?
アイル
2009/03/21 22:07
>ミカさん
私も4、5年前に「お母さんがLUNA SEAのファンだった」という高校生と話したことがありますよ。今もう成人してますね(笑)。

でもジェネレーションギャップって誰でもあるわけですからね〜。娘も「今時の小学生って・・・」って言いますもん(爆)。

>パルメットさん
そ〜なんですよね〜。ストーンズは現役であり、ある意味クラシックロックの代表じゃないですか!それを知らないってのがオドロキでしたね。

HANOIのコーナーには解散について私なりの思いも書くつもりで〜す♪

シマあつこ
2009/03/21 23:57
>kotohaさん
実は正反対のカルチャーショックな体験もあって(笑)、先月海外のマンガ家(ペルー人・20代後半?・男性)からメールをもらったんですが、「あなたが描くジョン・フォックスやデヴィッド・シルヴィアンが好きです」とあったんですよ!(驚)
何故にペルーででび?しかも若いのに!(笑)

ストーンズを知らなかったアメリカ人はヒップホップ系の音が好きで、「80年代以前のロックは聴かない」んだそうです(笑)。

まあ人はイロイロですね〜〜。
そのギャップがまた会話を盛り上げていく要素になるから面白いんですけどね。

シマあつこ
2009/03/22 00:01
原宿散策、お疲れ様です〜。去年秋ごろ連休に行き、クレープ屋付近の渋滞に巻き込まれ、大げさではなく本当に動けなくなりました。
あれにはびっくり・・・というか、今時クレープって・・・。
そうそう、マイケルも先日の来日中、当たり前のように出没したそうです。
フィンランドのファンが日本公演を見に来て、原宿にショッピングに行ったらマイケルに会った!とオフィシャルに書き込みがありました。

ちなみにボン・ジョヴィ大好きな友人が、20台アメリカ男子に「彼ら、良いよね!」と言ったら、そんなのオジサンとオバサンしか聴かないって返されたそうなので・・・。
でも、ハノイのライブに確実に若い子たちもいましたので・・・。
ほんと色々なんですね。

WeRock楽しみです!
rocker rosa
2009/03/22 17:42
自分の友人に「HANOI ROCKSとJAPAN」って知ってる?って聞いたら皆が「知らない」、「何者?」と返答されました・・・・・。


何か悲しい。
アイル
2009/03/22 18:05
原宿は、・・・というか東京には、
遊びに行った事は一度も無いんですが・・・。
田舎者な私なので、行った途端、
「帰りたい・・・」と思いそうです(笑)

WeRock City、楽しみにしています!!
今でも、ライブの感動思い出して泣きそうになります・・(>_<)
Sikki
2009/03/22 20:43
自分は東京者ですが、原宿には行ったことないです・・・・。
渋谷、新宿にはよく行きますが。
アイル
2009/03/22 22:03
ウチの高校生の娘だってストーンズ、BOWIE、HANOIは知ってるぞ!!
ま環境のせいなんだろうけどね(笑)

竹の子、ロカビリー…懐かしいわあ(古すぎ/笑)
竹下通り入り口に「BLACK」があったよねー
今だとロック関係の洋服ブランドは掃いて捨てるほどあるけど、当時はあそこか自主制作だったね(笑)
友達が何人かBLACKのモデルやってたけど、そういえば本田泰章もモデルやってたね

原宿渋谷はいつ行ってもお祭りのように人が溢れているよね。でも、それより人が一杯のイベントに年に二回行ってると別に驚かないよね(笑)
今日の東京マラソンのビックサイト前の列を見て、娘が一言。
「甘い…まだまだだね」
HANOIのコーナー楽しみにしてるよー

2009/03/22 23:49
原宿ですか〜
もう、20年位近づいていない気がします。
今行ったらあの人ごみについていけないかもしれません。

私は以前の職場で80年代生まれの女性に
ニューロマンティックスを中心とした80年代の音楽について語って聞かせて
洗脳していたことを思い出します。
シマ先生もその英会話の先生にHANOIやストーンズ、エアロなんかのCDを
強制的に貸してあげれば意外とはまるかもしれませんよ。
ちなみにその女性はデュランデュランのジョン・テイラーのグラビアを見て
「伊藤英明に似てる〜!」と言っておりました。
aya
2009/03/23 02:30
クレープ屋さんは昔から人だかりが出来てますよね。
やっぱり来日ミュージシャンは原宿コースなんですね(笑)。

私も娘のお供以外あえて原宿には行かないなぁ〜。しかも平日が絶対条件ですよ!

あの頃の”BLACK”は原宿名物だったっけ。
BLACK=本田恭章でしたなぁ〜(笑)。思えば本田恭章って80年代ロック好きには知名度メチャ高いよね!

若い年代でも往年のバンドが好きって人もいますが、ヒップホップ好きの人にはロックみたいな古いタイプの音楽を聴かない人も多いですよね。私たちが演歌を聴かないのと同じで(苦笑)。
現にその前の英会話講師は大の80’ロック好きでしたよ〜。

でも一通り聴いても損はないと思いますけどね♪



シマあつこ
2009/03/23 21:40
あ〜!でたでた。本田恭章!この間話したばかりよねっ :)
実は・・・わだす..BLACKのモデルやった事あるんだよね・・・きゃ〜!はずかし〜!
ははは。今だにブラックのビニール袋とハノイが着てたような
アニマルプリントのジャケット(ブラック製)持ってるよ。ははは。

原宿はうちの元旦那が好きだったんで、帰国の度に行ってたなあ。
あああ。今度帰ったらキディーランドへ行こうっと!
日本の原宿、ロンドンのカムデンだったけど、
カムデンも変わったよ〜!トレンディータウンになっちまったよ。
でもやっぱ観光客が多くて、私も友人のパンクスも今だに観光客の写真の被写体だ。
原宿も同じかにゃ〜?!
mitzi
2009/03/26 11:09
うわ〜〜っ、BLACKのモデルだったんだぁ〜〜!(笑)←失礼
原宿行くと必ず寄ったもんよね〜。ぷぷぷ。

カムデン大好き!
でも変わったのね。そりゃそうだよね、何年経ってるんだ!(笑)
また見てみたいなぁ〜。

mitzi、ずっとロンドン観光に貢献し続けてね♪
きっと原宿来ても写真撮られるよ(爆)。
シマあつこ
2009/03/26 15:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
ジェネレーションギャップ 8beat-Diary/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる